カテゴリー
アレクサンダー・テクニック

2週間で驚くほど身体能力が上がった、嘘のようなホントの話:はじめ

こんにちは、国際ライブインタラクション研究所、所長の三輪えり花です。

わたしが英国王立演劇学校 RADA のワークショップの通訳を2週間したところ、身体能力がものすごく上がった話をお伝えしたいと思います。
三回の連載です。

この連載はじめ
この連載中編
この連載完結編

これを聞けば、なるほど、2週間ってそんなに変化をもたらすのか!と驚くでしょうし、2週間でいいなら、と、演技の基礎訓練もやる気になると思います。

ことの発端からお話しします。

日本のプロの俳優たちの演技スキルの参考に、英国王立演劇学校(RADA)の校長、発声の先生、そして身体の先生が初めて日本にやってきたのは1993年。わたしのその第一回から最後の20年目まで、ずっと通訳を努めてきました。

第一回の通訳のときは、RADAの校長のMr ニコラス・バーターがお一人で来日。シェイクスピアの演技術を2週間の約束で教えにきました。

1993年の夏のことです。
(この一連のワークショップの内容は『英国の演技術』にまとめました)
英国の演技術

その直後、1993年の冬には、アメリカからの演出家夫婦がアメリカ式の演技術のワークショップを2週間、開催しに来日しました。

わたしはその通訳も務めたのですが、1週間も経った頃、声が枯れてしまいました。

風邪かしら?

そのアメリカン夫婦はよく知っている間柄でしたから、緊張もしませんでしたし、とてもスムーズに通訳できていたと思います。

2週間目は、一切声が出なくなってしまって、でも熱もないし咳も出ないし、鼻水も大丈夫ですし、変な風邪だと思いつつ、俳優たちには申し訳ないことでしたが、通訳できるのは私しかいませんでしたし、とにかく、ヒューヒューの声で通訳を終えました。

ワークショップも終わり、年が明ける頃には声も元どおり。
ほんとうに不思議な風邪でした。

そして次の夏、1994年、再びRADAが来日。今度は、校長のニコラスさんだけではなく、身体訓練のヘッドコーチである Mr イラン・レイシェルも伴っての来日。


これが人生を変える出会いになるとは、思いもよりませんでした。
つづく・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA