カテゴリー
アレクサンダー・テクニック

アレクサンダーとは

アレクサンダーとは、F. Matthias Alexander。

19世期末から20世紀初頭に活躍した、オーストラリア出身の俳優です。

かれは、舞台で突然声が出なくなったのをきっかけに、アレクサンダー・テクニックを編み出しました。

自覚していない、微かな無理が、緊張する舞台の上では、身体を痛めてしまいかねない。

だから、無理のない、身体の仕組みに沿った、効率的かつ効果的で、リラックスした状態で極限の演技・演奏をできるようになろう。

という趣旨のテクニックです。

Amazonで調べてみるとわかりますが、どうやら一般的には、音楽家のための書籍が多いようです。

が、これは、正真正銘、俳優が、発声と演技のために考え出したテクニックなのです。

テクニックの詳細は、『英国の演技術』にも掲載しています。

ほかに国際ライブインタラクション研究所からのおすすめは:

音楽家ならだれでも知っておきたいからだのこと

音楽家ならだれでも知っておきたい呼吸のこと

アレクサンダー・テクニーク(著者 小野ひとみ)

アレクサンダー・テクニックについての書籍はたくさん出ていますので、ぜひ調べてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA